わくわく日記

さんろーのじゅけんにっきだよ!

労働

今日は塾講師の採用試験を受けてきました。

 

とあるビルの1室で行われたそれの受験者は私を含めて4人。私は窓側1番後ろの主人公ポジションでした。

 

まずは簡単なアンケートに答え、それを回収されました。

そして、簡単な常識を問う問題をやりながら、名前を呼ばれたら個人面接です。

 

面接では、「大きな理由はない」と言いながら「〜が大きな理由です」と言ってしまうなどミスが目立ち、バイブスは下がる一方です。

 

面接、常識問題が終わると、次は教える教科の問題です。

ここまで特におもしろいことも起こらず(ここから先も起こりません)、バイトの採用試験ってこんなもんなのかって思いました。

 

回答用紙を回収され少し待たされた後、マスクをつけた面接官だった人がゴニョゴニョと何かを言いました。何を言っているのかわからなかったのですが、他3人が退出していくので私も退出しようとすると止められました。

わけもわからず待つこと15分。さすがにイジメかと思い受付にいくと、「少し面談したいからあの部屋行ってて」と言われました。

 

そこで「待たせてたのは採用通知を作ってたから」と言われました。彼が言うには、試験の出来がとてもよかったので、本来なら採用決定は数日後になるところ、私は即日採用になったようです。ありがたい。

最近まで、というか今も受験勉強しているのでアドバンテージがあったのではないでしょうか。

 

これからは、受験勉強(塾講師)をしながら受験費用を稼ぐというプロ受験生になります。