わくわく日記

さんろーのじゅけんにっきだよ!

紺碧の空

今日は、実に5ヶ月ぶり(?)に部活に行きました。

サークルではなく部活ですから、それなりに厳しい団体でした。なので、急に何も言わずに部活に行かなくなった私にみんな怒ってるのではないか、といった不安を抱えながらなんとか部活に向かいました。

 

もうこのままやめてもいいんじゃないかと私の中の悪魔が囁いてきて、本当に迷いました。でも、その競技が好きだったし、受験勉強しながら12月頃までは行ってたのにやめてしまうのはもったいないと感じました。

 

実際に行ってみると、みんなとても温かく迎え入れてくれました。夢じゃないかと思うくらい温かかったです。

 

「受験おつかれ」「また月1でも来てね」など言ってもらったときは本当に泣きそうでした、というか泣いてたかもしれません。

しかし、やはりどこか申し訳ない気持ちがあり、部活後の夜ごはんの場にはいけませんでした。

また少しずつ部活に参加していこうと思います。